ふだん海釣り公園で利用するサビキ仕掛けとは一風変わったサビキ仕掛け等をご紹介します。

 

アミエビに似せたサビキ

トリックサビキはコマセの中のアミエビを針につけて釣りますが、このサビキ仕掛けは逆の発想です。

サビキの針をアミエビに似せてしまうというのです。

その名も「リアルアミエビ」といいます。

パッケージの写真を見るとわかるように、リアルさを追求しています。

アミエビに似せた方が釣れるのか、通常のサビキでも釣果は変わらないのか試してみないとわかりませんが、たまには、違うサビキ仕掛けを試して見るのも面白いかもしれません。

 

リアルアミエビを楽天で探す

 

ちょん掛け用ハゲ皮

タックルボックスの中にサビキ仕掛けがなかったら、空針に、このサビキ皮をつけるとサビキ仕掛けになります。

緑色のもの

 

白色のもの

このハゲ皮を天秤仕掛けや胴付き仕掛けの枝針につけても面白いかもしれません。

サビキ仕掛けがヨレヨレになってしまった時にも重宝するかもしれません。

タックルボックスにサビキ仕掛けがなかったら、海釣り公園の売店に行けばいいのですが、売店に行っている間に時合いが来て、最大のチャンスを逃すかもしれません。

そんな思いをしないためにもタックルボックスの中に1つ入れておくのはどうでしょうか?

 

※ハゲ皮とはサバやカワハギ等の皮を干して作ったものです。イワシやアジ、サバ、カサゴなどに効果的です。

 

チョン掛け用ハゲ皮を楽天で探す

 

スーパーシラス

針にラインを結んだり、エダスをつけたりできる場合には、このハゲ皮が便利かもしれません。

ハゲ皮を針に結ぶのはなかなか手間のかかる作業ですが、「スーパーシラス」は、中にチューブが入っているため、ハリス(ライン)を通すだけです。

市販サビキにつける場合にはラインをカットする必要がありますが、ラインの太さを変えた仕掛けを自作したい場合等に、有用だと思います。

 

スーパーシラスを楽天で探す

 

後付ベイト

「後付ベイト」はその名の通り、市販仕掛けにも後から付けることができるものです。

小型のソフトルアーのようなものです。

サイズが大きすぎる場合にはカットして使った方が食いが良くなるかもしれません。

両面テープで止めるタイプですので、取り付けが簡単で色のバリエーションも豊富です。

 

後付ベイトを楽天で探す

 

カットハゲ皮

ハゲ皮をあらかじめカットしたものです。

ハゲ皮を自作するにはサバなどの皮を剥いで乾燥させる必要がありますが、「カットハゲ皮」を使えば針に結ぶだけです。

ハゲ皮を針に結ぶには、先に針に巻き付けておいて後からラインを別途結ぶ方法と、ハゲ皮と針をセットしたままラインを結ぶ方法があります。

後者はすっぽ抜けやすく、前者はちょっとした道具が必要になります。

小さなマグネットなどで固定できる小型の万力で針を挟むか、バイスと呼ばれるフライを巻くときに使う道具を使うと割りと簡単にできますが、かなりの慣れが必要です。

サビキ仕掛けのほとんどを自作したい方向けの商品です。

 

カットハゲ皮を楽天で探す

 

シラスカット

こちらもサビキ仕掛けを自作する方向けのものです。

色のバリエーションが豊富です。

 

シラスカットを楽天で探す

 

これらの商品以外にも100円ショップに売っているもので、サビキ仕掛けに工夫をすることができます。

折り紙のコーナーにあるホログラムシート(シール)やマニュキュアなどを使ったり、市販のサビキにマジックで好みの色に塗ったり、いろいろとサビキ仕掛けに工夫することができます。