釣り方の基本

海釣り公園での釣りに限らず、アジの釣れる棚は基本的に底から1−3Mです。

仕掛けを底まで落として、ラインを張った後、コマセを振って1M仕掛けを巻き上げてコマセの中に仕掛けを入れて待ちます。

しばらく待っても当たりがない場合はもう一度コマセを撒いて、1M仕掛けを巻き上げる、この動作を合計3回繰り返します。

この動作がアジ釣りの基本です。

 

棚を変えてみる

食いが渋いときは仕掛けを巻き上げる長さを50cm程度に細かく棚を変えると釣果が良くなることがあります。

また、水温が低い場合には巻き上げる回数を減らして、底近辺にコマセが流れるようにすると食いが良くなる場合があります。

季節の変わり目や海水温の変化が大きい場合には基本の棚よりかなり上の方で釣れることもあります。

釣れない場合には棚を変えて工夫してみるとよいでしょう。

 

効果的な餌とサビキ仕掛け

年間を通じてアジ釣りに効果のあるサビキはスキンサビキの緑色と言われています。

ただし、海水温が高くなってくると色に関係なく釣れることもあります。

どの仕掛けが効果的かは、日によって違います。

サビキ仕掛けだけで釣れない場合はサビキにオキアミを付けてみると釣れることがあります。

オキアミの準備がない場合はコマセの中のアミエビの大きいものを付けてみるのも1つの手です。

 

気温が高い場合は餌を変えてみる

基本の餌はオキアミで水温が低い場合も高い場合にも効果がありますが、夏場はイソメしか食べない場合もあります。

イソメはアオイソメ、イワイソメのどちらでも釣れますが、周りがアオイソメを使っている場合には、集魚力のある高価なイワイソメを使うとよい場合があります。

 

潮の濁りで棚を変えてみる

冬場のように潮が澄んでいる場合には、基本の棚(底付近)、潮の濁りが強い場合には棚は上の方へと移動する傾向があります。

潮の濁りが強い場合には、思い切って棚をいつもより上げて見ると釣れだすことがあります。

 

食いの良い仕掛けと餌を見極める

サビキ仕掛けは緑色が定番ですが、緑で釣れない場合があり、ウイリーにすると釣れる場合があります。

餌もオキアミを使うのが基本ですが、夏場はイソメでないと釣れない場合もあります。

その日の状況で釣れるサビキ仕掛けの種類や餌の種類が変わるため、幾つか違う仕掛けや餌を用意するとよいでしょう。