サビキ仕掛けの種類はいろいろありますが、サビキ針の種類以外にもバリエーションがあります。

それはエダスの長さの違いです。

 

エダスとは

エダスとは、サビキ仕掛のメインのラインから針に向けて出ているラインのことを言います。

(一般にメインのラインから出ているラインをサビキ仕掛けに限らずエダスまたはハリスと呼びます、また、メインのラインのことをモトスといいます。)

 

このエダスの長さによっても微妙に釣果が変わってきます。

 

エダスの長さが影響するもの

同じ固さのロッドで、エダスの長さが異なる場合、魚が針に掛かった時にエダスが短いと魚が針から外れ易くなります。

柔らかいロッドの場合には、エダスの長さが短くても魚が外れにくく、固いロッドの場合には同じエダスの長さでも魚が外れ易くなります。

 

サビキ仕掛けのエダスの長さ

市販のサビキ仕掛けのエダスの長さは、同じように見えてもパッケージをよく確認すると、1つ1つ異なります。

短いものでは7−8cm程度のものから、長いものでは20cm前後のものがあります。

穂先の固めのロッドの場合にはエダスが長めのサビキ仕掛け、穂先が柔らかいロッドであればどちらでも構いませんが、エダスが長すぎると絡まり易くなる欠点があります。

 

イワシよりもアジの方が口切れによるバラしが多いため、アジを狙う場合には、概ね15cm以上のエダス(ハリス)のサビキ仕掛けを使うことが多いようです。

 

イワシが掛かっても途中で針から外れてしまう

イワシが掛かって途中まで鈴なりの状態なのに、手元に持ってくる前にイワシがほとんど外れてしまうことがあります。

この場合には、ロッドが固すぎるか、エダスが短いことが考えられます。

このような場合には、エダスが長めのサビキ仕掛けに変更するか、穂先が柔らかめのロッドを使うと改善できることがあります。

 

魚が掛かっても合わせを強く入れすぎない

魚が掛かった時に合わせを強くすると、魚の口が切れて外れてしまうことがよくあります。

アジやイワシは口が柔らかいため、合わせを入れないでそっとロッドを持ち上げるようにすれば、口切れを防ぐことができます。

 

手持ちではなく竿受けを使う

手でロッドを持っている時に魚が掛かると反射的にロッドを持ち上げて合わせを入れてしまうことがあります。

反射は意識的に抑制するのは難しいため、手持ちで針掛かりが悪いと感じたら置き竿にするのがいいでしょう。

針掛かりが悪いと感じたら、置き竿なのか、手持ちだからなのか区別が必要です。

 

口の堅い魚は合わせを入れる

コノシロやウミタナゴは口が堅いため、合わせを入れた方が針掛かりが良くなります。

置き竿の状態で当たりがあるのに、仕掛けを確認すると餌だけを取られているような場合には、手持ちで合わせを入れた方がよい場合があります。

口が堅い魚でなくても食いが悪い(渋い)場合には、軽く合わせを入れると針掛かりが良くなることがあります。

 

針先が鋭いかをチェックする

市販のサビキ仕掛けの針のほとんどは金色の針です。

金色の針は錆びやすく、錆びると針先が鈍くなって針掛りが悪くなります。

サビを防ぐには仕掛けを水洗いした後に乾くまで針を仕掛け巻きから浮かせておくか、乾いている仕掛け巻きに巻きなおすとサビを防ぐことができます。

針先が鈍くなったらヤスリで針先を研ぐと一時的に復活させることができます。

表面が錆びていなくても針先を軽く捻って折れる場合があります。

針にサビが出ていたら針先を捻って強度を確認して、問題がないならヤスリで研ぎ、針先が折れるようなら新しいものに取り替えます。

 

針の大きさにも気を付ける

口の小さい魚には小さい針のサビキ仕掛けを使います。

コノシロやウミタナゴ、イワシが良く釣れる季節には小さめの針の方が針掛かりがよく、バラしが少なくなります。

ただし、小さい針には細いラインが付いていることが多いため、サバ等が掛かると切れてしまうことがあります。

サバの季節にイワシも釣りたい場合には、小さい針でも太めのラインのサビキ仕掛けを使うとよいでしょう。

 

食いが渋いと感じたら人と違うことを試す

いつもと同じ棚で釣れない場合は棚を思い切って上下に数メートルずらしてみたりします。

それでも駄目ならコマセの中のアミエビの大きいものを選んで針につけるか、トリックサビキ仕掛けを使う

オキアミがあればサビキの針につけて見る

お隣も釣れていないなら、同じことをしていれば同じ結果になる可能性が高くなります。

釣れない時ほど工夫をしてみるのも手です。

隣だけが釣れている時は、棚や餌が違う場合があります。

 

釣れている人をこっそり観察するのも上達の一歩になるかもしれません。

 

アウトドア&スポーツ ナチュラム