晩秋に釣れるコノシロ

水温が下がってくると釣れる魚の種類が減ってきますが、そんな晩秋から冬にかけて釣れだすのがコノシロです。

サビキでたくさん釣る事ができますが、コツは小さめの針を使うこと、食いが渋い時はトリックサビキを使うと良く釣れます。

 

コノシロは、口が小さくて堅い魚のため、針掛かりが悪いものです。何度も当りがあっても釣り上げることができない場合には、サビキ仕掛けを新品のものに取り替えた方がよいかもしれません。

 

何度か使ったサビキ仕掛けの場合には、針が錆び付いいたりして、針先が鈍くなっていることが多いためです。

 

コノシロを多く釣るには、常にロッドを上下にゆっくり動かして、誘うのがよいようです。

口が堅いため当たりがあったら、強めに合わせるのがコツです。

 

酢締めが美味しい

コノシロの小さいものはコハダと呼ばれ、江戸前すしのネタとして重宝されています。

コノシロも酢締めにすると美味しい魚です。

小骨が多いため塩焼では食べにくい魚ですが、酢締めにすると小骨を気にならず美味しく食べられます。