アナゴは砂泥地がポイント

アナゴは海底に泥の混じった場所に好んで生息しています。

ちょい投げをして、少しずつ仕掛けを手前に引いてきて、粘っこい抵抗のある場所が砂泥地です。

そのような場所を見つけたら、太めのアオイソメやイワイソメを、通常サイズなら2本くらいを付けて、そのポイントに入れると釣れるかもしれません。

 

アナゴを狙うなら濁り潮

潮が澄んでいる時はアナゴに限らず、食いが悪いものです。

アナゴは特に潮が澄んでいる時は釣り上げるのが難しいです。

潮が濁っているときが狙い目です。

 

餌はいろいろ

アナゴは雑食性のため、いろいろな餌で釣れます。

イソメ、オキアミが定番ですが、イワシやイカの切り身でも釣れます。

イソメを針に付ける場合には短くカットして団子状に付けます。

イワシやサバ等の切り身を使う場合には縫い刺しにします。

イソメよりも生き餌の方が効果的です。

 

釣り方

ボートや船からアナゴを釣る場合には、錘が海底を叩くようにして釣りますが、桟橋の上から釣る場合には、ちょい投げした仕掛けを手前にゆっくり引いてくる方法がよいでしょう。

 

市販のアナゴ釣り仕掛けのように発光ゴム(またはパイプ)をハリスに付けたり、ホログラムシートを錘に張ることも効果があります。

ちょい投げをする場合は、同じ場所に何度も仕掛けを投入するよりは、投げる距離や角度を変えて幅広く探るとよいでしょう。