アジグラフの使い方を説明します。

概要

アジグラフでは各海釣り公園の釣果を収集して、魚別に集計をしています。

 

共通の操作

 ・左側の「場所の選択」で表示したい海釣り公園を選択します。

 ・その下の「今月の魚」で表示したい魚を選択します。

 ・最初の画面に戻りたい場合は、「アジグラフのタイトル」をクリックするか、各画面の左に表示されている「釣果表」をクリックしてください。

 

場所の選択

釣り場所を選択すると、見ているページの場所を変更することができます。

例えば、本牧海釣り公園のイワシの最近の釣果を表示しているときに、「大黒海釣り施設」を選択すると、最近の釣果の場所を変更することができます。表示したまま場所することができます。

場所の変更は、すべての釣果分析画面に対応しています。

 

最新の釣果の見方

海釣り公園の最新の釣果を表示します。

釣果表の魚名をクリックすると最近の釣果を表示します。

釣果表の中の棒グラフは最近90日の釣果を表しています。

※マウスカーソルを合わせると上記のようなヒントが表示されます。

 

今月の魚

今月釣れる可能性の高い魚を上から順番に15魚種表示しています。

今年の釣果を含めた過去の釣果を釣り場別に月単位で集計した上位15番までを表示しています。

表示する魚名は毎月変更されます。

2014.06.17追加

 釣果グラフを表示中に、今月の魚を選択すると、その魚のグラフが表示されます。

 すべてのグラフに対応しています。

 

 

魚インデックス

魚の名前を50音順に表示しています。

魚の釣果を調べたい時に利用できます。

魚名の隣には上のような棒グラフで直近90日の釣果を表示しています。

直近90日に釣果がない場合には、「釣果なし」と表示されます。

 

魚インデックスでは、最近90日の釣果の傾向を一覧で確認することができます。

魚名をクリックすると、釣果グラフを表示することができます。

 

今月は何が釣れるのか?

「今月の魚」に表示されている魚は、過去にその月で釣れた魚の上位15件を表示しています。

今月の釣りもの(ターゲット)を決める時に参考にしてみてください。

今月の魚の釣果グラフをまとめて見たい場合には、「年間釣果傾向」をクリックすると一覧表示できます。

 

魚名について

アジグラフでは同じ種類の魚をグループ化しています。

出世魚のように種類が同じであってもサイズにより呼び方が異なる場合には、一番大きな魚の名前でグループ化をしています。

例えば、セイゴ、フッコはスズキ、イナダ、ワカシはブリでグループ化されています。

今月の魚の一覧からセイゴやイナダの釣果を確認したい場合には、それぞれスズキ、ブリを選択してください。

また、同じ魚であっても異なる呼び方をする場合もあります。この場合は標準名(≒関東での呼称)に統一しています。

例えば、岡山県ではサッパのことをママカリと呼びますが、海釣り公園の釣果情報に「ママカリ」と記載されている場合には、「サッパ」に置き換えて表示しています。

釣果グラフ(横軸が日付、縦軸が釣果のグラフ)では、グループ化されている魚の内訳についても表示することができるようになっています。

上記の魚インデックスではグループ化された魚も含めて五十音順に並んでいます。