釣り公園の主流はコマセ釣りです。

海釣りの初心者の方でも子供さんでもコマセ釣りなら簡単に始められます。

 

良く釣れるコマセ釣りですが、コマセの香りが好きという極めて稀な志向性を持った方もいますが、ほとんどの方は、コマセの臭いが気になると思います。

コマセの臭いが原因で釣りを止めるまでもないけども、臭いのが取れなくて困るという人も多い方も多いのではないでしょうか。

 

また、イソメも同じように慣れないと扱いにくい餌です。

ヌルヌルしていて、クネクネと動き、たまに噛み付く厄介な奴です。

そして、その臭いも、コマセ同様になかなか厄介なものです。

 

海釣りに慣れてくると(ただ鈍感になるだけですが)、コマセを手でカゴに詰めたり、イソメを触った手でおにぎりを平気で食べるようになります。

それでも、釣りが終わった後に片付けの面倒なことに毎回閉口してしまう方が多いのではないでしょうか。

 

手の臭い対策

釣り公園の洗い場においてある石けんは安いものが多く、手洗いをしても臭いが取りにくいことが多いです。

オススメは下の薬用セッケンです。

 

 

液体タイプを100円ショップで売っている小さいボトルに入れて持参すると手洗いの時に重宝します。

 

携帯用のものもあります。

いろいろなセッケンを試しましたが、これが一番良いようです。

 

 

クーラーボックスを洗う

クーラーボックスを洗う時に気を付けることは、ほとんどのものが中性洗剤を使って洗う必要があることです。

また、汚れを取るためにゴシゴシ洗いすぎるとクーラーの内部を傷めることになるため、注意が必要です。

 

一番お手軽な洗い方は、水またはぬるま湯を入れたクーラーボックスに、中性洗剤を多めに入れて、一緒に洗うもの、例えば、コマセスプーンとか、手ふきタオル、スピード餌付き器、仕掛け等を入れてふたを閉めて数時間〜1日放置しておくことです。

夏場のように水温が高い場合には1−2時間で十分です。

いわゆる浸け置き洗いですが、少し多めに中性洗剤を入れておくのがコツです。

中性洗剤は、台所で使うキッチン用の洗剤で十分です。

100円ショップで売っているものでも遜色ありません。

浸け置き洗いにすると、臭いがしっかり取れます。

 

手早くスポンジ等にセッケンをつけて洗うと臭いが残ることがありますが、時間をかけて浸け置き洗いをすると、ほぼ100%臭いが取れます。

どうしても短時間で洗いたい場合には、クーラーボックスの水分を十分拭き取った後で、100円ショップやアウトドアショップで売っている「炭」を入れて、2−3日密封すると臭いがなくなります。

 

・・・

 

一日中、魚が釣れていることは少なく、時合いと呼ばれるチャンスタイムは短いものです。

そんな時は、コマセスプーンでコマセを詰めてる時間がもったいないため、手で詰めた方が手早くできます。

臭いが手について落ちにくい方は、コマセを触った後に海水ですぐに洗っていないことが多いと思います。

コマセやイソメを触ってもすぐに海水で洗うと臭いが気にならなくなります。

 

チャンスタイムの時合いの時に、コマセを手早く詰めるために、手を使っても臭い落ちのよいセッケンを用意しておけば、

心置きなくコマセを鷲掴みできます。