サビキ仕掛けでは、イワシ、アジ、コノシロ等が良く釣れます。

サビキ釣りのちょっとしたヒントやコツをご紹介します。

コマセカゴ

写真のようなプラスティック製のコマセカゴがよく使われています。

(ロケットカゴという商品)

 

ロケットカゴを楽天で探す

 

 

紐を編んだネット状のものはコマセがすぐに無くなるため、本牧海釣り公園のように潮の流れが速い場所では、コマセの出る量を調整できるコマセカゴが便利です。

コマセカゴには大小のサイズがあります。

「大型のコマセカゴ」を使うとコマセを詰め直す回数を減らすことができますが、、一度に使うコマセの量が多いため魚が釣れない時はコマセの消費が早くなり効率が悪くなります。

「小型のコマセカゴ」は、コマセを詰め量が少くできるため、魚が集まってきている場合にはコマセを撒く量を節約できます。

潮の流れが弱い時やコマセを節約したい場合、魚が釣れない時には「小型のコマセカゴ」を使い、魚を集めたい場合には「大型のコマセカゴ」を使うなど、コマセカゴのサイズを使い分けをするといいでしょう。

 

便利なコマセカゴ

コマセカゴには様々な種類がありますが、アジやイワシを釣る時に便利なコマセカゴを紹介します。

下の商品(サニーカゴ)はいずれもロケットカゴよりもコマセをたくさん詰めることができ、コマセが出る量を微調整できるものです。

サビキ釣りに慣れてきたら、より高機能のコマセカゴを使うと快適です。

 

サニーカゴを楽天で探す

 

 

軽い錘を使うと絡まる原因になる

市販のサビキ仕掛けにはすぐに使えるように1−2号程度の小さな赤い錘が付いている場合があります。

潮が速い場合に小さい錘を使うと、仕掛けが流されてお隣と仕掛けが絡む(おまつりと言います)原因になります

仕掛けを絡ませないためのおススメの錘のサイズは最低で6〜8号、できれば15号程度を使うといいでしょう。

仕掛けが絡む原因には錘のサイズだけではなく、サバが釣れた時のように魚が動いて絡むこともありますが、潮に流されるだけで仕掛けが絡まないように錘のサイズを大きくするのがよいでしょう。

 

15号の錘を楽天で探す

 

棚を合わせて釣る

同じような仕掛けを使って、同じように釣っているはずでも、なぜかお隣だけがよく釣れるということがあります。

このような場合は「棚」がずれていることが原因の場合があります。

魚が泳いでいる深さ(棚)に仕掛けの深さを合わせることを「棚を合わせる」といいます。

お隣が釣れ始めたら「棚は幾つですか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

その時は、「棚は上(海面)からの距離」か、「下(海底)からの距離」かを忘れずに聞いておきましょう。

 

釣れている棚に合わせる

魚の釣れている棚がわかったところで、どうやって棚を合わせればよいでしょうか。

一番簡単な方法は1M単位に色がついているラインを使うことです。

 

ラインに色が付いていれば、仕掛けを落とし込む時にラインの色の数を数えれば、希望する棚に仕掛けを入れることができます。

ラインに色が付いていない場合には、リールを巻く回数を目安にするのがいいでしょう。

毎回、底まで錘を落とした後に、同じ回数リールを巻けば仕掛けを同じ棚(深さ)に入れることができます。

ハンドル1回転でラインを巻き上げる長さは、リールによって異なるため、説明書の「最大巻上長」の項を参照するか、記載がない場合には、、あらかじめ1回転で何cmラインを卷くことができるかを測っておくとよいでしょう。

他の方法としては、カウンター付きのリールを使う方法がありますが、カウンターの数値がずれることがあるため、ラインの色を数える方法がオススメです。

 

色付きPEラインを楽天で探す

 

 

基本の棚を知る

魚によって棚が異なり、イワシはだいたい海面から5M前後の棚、アジ、メバル、ウミタナゴ等は錘を底から1−3M上げた棚、スズキ、セイゴ等はイワシを捕食するためにイワシと同じ棚で釣れることがあります。

魚の釣れる棚はいつも同じではなく、潮の状況(上げ潮、下げ潮)、海水温、天候により微妙に変化するため、釣れないときは基本の棚から上下に数メートル調整してみるのがよいでしょう。

2本のロッドの棚を少しずらしておいて、釣れた方の棚に合わせるという方法もあります。

一日の中でも魚の棚が変わる場合もあるため、仕掛けを入れる棚を微調整しながら釣るのが釣果を上げるコツです。

 

コマセの煙幕に仕掛けを入れる

サビキ釣りはコマセ(アミエビのブロック)で魚を寄せて釣る方法です。

魚の居る棚にコマセを撒いてコマセの煙幕を作り、その中に仕掛けを入れれば魚がコマセと一緒にサビキの針に食いつくため釣れるわけです。

ロッドを振ってコマセを撒いた後に少しリールを撒くと、仕掛けをコマセの煙幕の中に入れることができます。

 

サビキに餌を付けてみる

サビキ仕掛けではイワシ、アジ、コノシロ、ウミタナゴ、メバルが主なターゲットですが、思わぬ魚が釣れることがあります。

イワシを捕食しているスズキ、セイゴ、フッコ等の魚が釣れたり、仕掛けを底付近に置いておくとカサゴが釣れたりします。

魚の食いが渋い場合には、サビキの針にイソメやオキアミ、コマセの中の大きめのアミエビを探して針に付けて釣ってみるのも一案です。

 

アミエビとオキアミの違い

コマセブロックの中に入っている小さいエビをアミエビと言います。

オキアミはアミエビよりも大きく3cmから6cm程度です。

どちらも冷凍ブロックとして売っています。

パックに入って売っているオキアミは冷凍ブロックのものより、サイズが大きく、形が整っているものが選別されています。

アジや大型の魚を狙う場合はオキアミを付けることが多く、アミエビはサビキの食いが悪い場合にサビキの針に付けると釣果が良くなることがあります。

トリックサビキが使われる以前には、コマセブロックの中のアミエビの大きいものを探して針につけて釣っていたものです。

 

コマセとは?

コマセとは魚を集めるための餌(集魚餌)のことをいいます。

コマセには種類があり、粉末タイプのものから冷凍して固めたブロック状のものまで様々です。

一般的に、アミエビのブロックのことをコマセブロックということが多いようです。

 

サビキ釣りにコマセは必要?

サビキ釣りはコマセに集まった魚を釣る方法ですが、コマセを入れなくても魚が近くに居る場合には、コマセを撒かなくても釣れる場合があります。

魚が釣れだしたら、コマセをカゴに詰める量を減らして、手返しよく(効率よく)魚を釣り上げるのがよいでしょう。

潮の流れによってはお隣のコマセが流れてきて、魚が釣れることもありますが、コマセを入れた方が釣果が良いようです。

 

サビキ釣りを快適に

サビキ釣りで使うコマセは匂いが強く、抵抗があるかもしれません。

冷凍ブロックは取り扱いが面倒ですが、チューブ式のものと粉末タイプのものが発売されています。

下のものはチューブ式のもので、袋の先端をハサミでカットして絞り出すだけで使うことができます。

これなら手や服を汚すことなくサビキ釣りができます。

チューブ式のものをさらに進化させたものが以下の商品です。

「インスタントサビキセット」という名前から想像がつくように、海水を入れて混ぜるとコマセができます。

サビキ釣りに使う仕掛け、コマセカゴ、コマセを入れるスプーンがセットになっています。