サビキ仕掛けには以下のような形状、素材、色などが異なるいろいろな種類のものがあります。

スキンサビキ

薄いゴムを針に巻いたものです。 最も安く入手できるサビキ仕掛けの1つです。

色は緑、ピンク、濃いめのピンク、白、黄色等があります。

中には夜光と呼ばれる蛍光塗料を塗ったもの等があります。

マジックで好みの色に塗る人もいます。

 

スキンサビキを楽天で探す

 

ハゲ皮

サバなどの魚の皮を加工して針に巻いたものです。

色は魚皮の色そのままのものから、着色したものまで様々です。

 

ハゲ皮サビキを楽天で探す

 

 

ウイリー

ウイリー糸(手芸でも使われます)という伸縮性のある糸を針に巻いたものです。

独特の動きをするサビキです。

色のバリエーションが豊富です。

 

ウイリーを楽天で探す

 

フラッシャー

キラキラ光る糸を付けたサビキ仕掛けです。

ケイムラという紫外線を反射して光る塗料を塗ったものや、キラキラと光る銀色の糸を混在させたもの等があります。

 

フラッシュー付きサビキを楽天で探す

 

トリックサビキ

トリックサビキはコマセの中のアミエビを針に付けて釣る特殊なサビキ仕掛けです。

他のサビキ仕掛けはコマセの煙幕の中に紛らわせた疑似餌(サビキ)を食わせますが、トリックサビキは針にアミエビを付けて食わせるのが特徴です。

食いが渋い時にはトリックサビキを使うと釣れることがあります。

アミエビを針に付けるための専用の道具(スピード餌つけ器)が販売されています。

 

トリックサビキを楽天で探す

スピード餌つけ器を楽天で探す

 

サビキ仕掛けと胴付き仕掛けの違い

1本のライン(モトスといいます)から複数のライン(ハリス)が出ているものを胴付き仕掛けといいます。

サビキ仕掛けも胴付き仕掛けに含まれますが、針にサビキと呼ばれる疑似餌(ぎじえ)がついているものをサビキ仕掛けといいます。

 

コマセカゴは上か下か?

コマセカゴは関東では上に付けるのが一般的です。

関西では逆に下に付けるのが一般的です。

関西ではコマセをカゴに詰めるための専用のバケツを使うこともあります。

下のような「下カゴタイプのサビキ仕掛け」を使っている方は関東の海釣り公園でもたまに見かけます。


 

夜光とケイムラの違い

夜光は紫外線を吸収して発光するのに対して、ケイムラは紫外線を反射して光ります。

紫外線を吸収する夜光(塗料)は紫外線の届かない深い海中でも発光するため、魚から認識される可能性がありますが、紫外線を反射するケイムラは紫外線が届く範囲(水深30〜50M程度)で効果があると言えます。

海釣り公園では最も深いところで15M程度のため、両者に大きな差がないかもしれません。

 

ケイムラサビキを楽天で探す

 

 

サビキの色は何がいいのか

サビキには様々な種類がありますが、どの色が一番よいでしょうか?

アジを狙うのならオススメの色はスキンサビキのミドリ、イワシなら白のハゲ皮、スキンサビキのピンクがよいと言われています。

海水温が上がって魚の活性が上がるとサビキ仕掛けの色と釣果には関係がなくなるかもしれません。

 

緑色のサビキを楽天で探す